片付けを「しない人」のもったいない話

f:id:shin_kataduke:20170515222704j:plain

どんなにモノがあっても

使わなければただのゴミ

どんなにお金があっても

モノに換えて

使わず捨てれば

ゴミそのもの

 

片付けを「しない人」を見ると

「もったいないなー」

とすごく思うんです

 

片付けが「できない」わけじゃなくて

片付けを「しない人」

 

 

 

 

f:id:shin_kataduke:20170515222928j:plain

「一気に片付けるのが

 爽快だから

 普段は片付けないよ」

 

 

 

 

うーん

 

 

 

 

そうなると

 

 

 

 

片付けるのに

時間もエネルギーも沢山必要で

 

そこまで沢山の時間とエネルギーを

毎週毎月持っているかというと

そうでないことが多いというか・・

 

個人的には

出掛けるなら出掛けるで

休むなら休むで

やりたいことがあるので

 

まとまった時間とエネルギーがあれば

むしろそっちのために使いたいなーと

 

それに

どこに何があるか

わからなくなりませんか

 

 

 

 

「散らかっていても

 どこに何があるか

 ちゃんとわかるよ!」

 

 

 

 

うーん

 

 

 

 

完全に個人的な意見ですが

この手の方って

優秀な方が多い気がするんです

 

 

 

 

f:id:shin_kataduke:20170228174126j:plain

「頭の中に常に

 上書き保存できてるぜー!!」

 

 

 

 

みたいな

 

 

 

 

でも、頭の中で把握するよりも

モノの場所を決めておいた方が

頭のメモリを消費しなくて済むので

 

このタイプの方が

普段から片付けるようになったら

もっとすごくなれるのになー、と

そんなことを考えてしまいます

 

うーん、もったいない・・

f:id:shin_kataduke:20170222173138j:plain

 

広告を非表示にする